2015年7月27日
パートナーの両親の悪口を言わない

Pocket

皆様、こんばんは(^-^)

和泉梨紗です。

 

昨日は母と夫と、2人の誕生日を一緒にお祝いしました(^-^)

初のアマンのレストラン♪

どのお料理も素材の味をしっかり味わえるシンプルな味付けで

とてもおいしくいただきました。

特にコーンスープが天然のコーンの甘味だと思うのですが

今まで食べたことがないような

デザートのような感じでおいしかったです♪

 

IMG_1413

 

 

 

 

 

 

夫はいつも私の母と一緒にお出かけしてくれるので感謝しています。

パートナーの両親との関係は、結婚生活において非常に重要です。

パートナーの両親と仲が良ければそれにこしたことはありませんが、

もしあまり仲が良くない場合、無理に付き合う必要はないと思います。

 

というのも、結婚生活をうまくやっていく上で、パートナーの両親を

悪く言わないということは非常に重要だからです。

 

パートナーの両親と気持ちよく付き合えるなら、付き合えばいいし

もし一緒にいることでイライラしてしまうのであれば

パートナーの両親の悪口を言わないためにも

距離を置くのも手だと思います。

 

あなたがイライラしていると、それは少なからずパートナーに影響を与えます。

そして、その原因がパートナーの両親であればなおさらです。

 

パートナーによっては、自分の両親のことを

悪くいう人もいるかもしれません。

とはいえ、心の奥底では両親に愛されたいという

気持ちを多くの人が持っています。

そこで、パートナーにあわせて

あなたのお父さん(お母さん)ひどいよね、と言っても

パートナーの気持ちが晴れることはないと思います。

 

また、パートナーと結婚できたのも

お母さんが産んでくれたり

両親が育ててくれたりしたおかげです。

パートナーの両親がいなかったら

今のパートナーはいないということになりますので

その点では両親に感謝しないとですね。

 

逆にパートナーが親とすごく仲がいい場合

つい「親と私とどっちが大事なの?」などと

言ってしまいがちですが、パートナーを困らせる

質問をしても意味がありません。

 

もし、そのような質問をパートナーにされた場合

それはあなたにも原因があるかもしれません。

 

夫婦生活を円満に過ごす秘訣として、結婚したら

やはりどんなときもパートナーの一番の味方でいることです。

もし両親とパートナーの意見が違った場合、

常にパートナーの味方であるということを示せば

パートナーはあなたのことを信頼してくれます。

 

もし両親の言うとおりだ!と伝えてしまうと

パートナーはすごく疎外感を感じて

先程のように、「親と私とどっちが大事なの?」と

聞いてくるかもしれません。

 

その質問をした背景というのは

私愛されていないかもしれない

という不安から来ています。

不安な気持ちがあると

なかなか相手を信頼することができません。

 

もしパートナーと両親の間にはさまれた場合は

まずは自分はいつでもパートナーの味方であるということを

言葉にしてパートナーに伝えてみてください。

 

その上で一緒にベストな方法を考えようと言って

自分の意見を述べれば

パートナーもしっかり聞いてくれると思います。

 

夫婦はお互い育ってきた環境が全く違います。

そして、自分の考え方は親の思考にかなり影響されています。

結婚するまでは、親の考え方が当たり前だったかもしれませんが

(もしくは親に反発して、親と正反対の考え方をしていたかもしれませんが)

夫婦になった時点で、パートナーと一緒に

2人の新しい考えを一緒につくっていく。

それが結婚生活の楽しいところだと思います(^-^)

 

夫婦仲良く暮らす秘訣として

パートナーの両親の悪口を言わないこと

そして、常にパートナーの1番の味方でいることを

ぜひ心がけてみてください。

 

明日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように(^-^)

 

 

写真は、ザ・レストラン by アマンのいちじくのデザートです♪

おしゃれなデザートに気分もはずみます(^-^)

IMG_1416

 

 

 

 

 

 

 

 

応援のクリックお願いします!

 

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 













****************************

応援のクリックお願いいたします!


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

和泉梨紗


バナーを作成
Pocket

コメントを書く


コメント内容


▲このページの先頭へ