2017年3月11日
愛がある人と愛がない人の見分け方

Pocket

 

おはようございます(^-^)

自由が丘コーチングサロン代表

和泉梨紗(いずみりさ)です。

 

 

 

昨日、とあるパーティーに

行ってきたのですが

パーティーなので、交流会、

いわゆる名刺交換タイムが

あります。

 

 

そこで、色々な人とお話を

していて感じた、愛がある人と

ない人の違いについて、今日は

書きたいと思います。

 

 

皆さんは、愛がある人に

共通していることは

何だと思いますか?

 

valentines-day-624440_640

 

 

 

 

 

それは「相手の話を聞く」ことです。

 

 

な~んだ、それならやってるよ!と

思ったかもしれません。

 

 

話を聞くといっても、ちゃんと

聞くという意味です。

 

 

自分の自慢や商品の宣伝しかしない

人は論外ですが、次何しゃべろうかなと

考えながら、相手の話を右から左に

聞き流しているのも、相手には伝わります。

 

 

愛がある人は、まず相手に興味をもちます。

相手の話に興味をもつというよりは

相手自身に興味を持ちます。

 

 

この人どんな人なんだろう?

どんな素晴らしいものを

持っているんだろう?

 

 

私との共通点あるかな?

 

 

この人に対して私が

何かできることはないかな?

 

 

そういう気持ちで、話を聞くと

必ず態度に表れます。

 

 

もちろん、相手の話を聞くだけでなく

自分の話をすることも大切です。

 

 

 

お見合いをイメージして

いただくとわかりやすいと

思いますが

 

 

自分だけ話すよりは、相手が

どんな人か知りたいから

相手の話も聞きたいと

思いますよね。

 

 

恋愛でもビジネスでも

自分の好きなことや

できることを伝えて初めて

相手の役に立つことができます。

 

 

良い関係を築きたい場合、

相手も、あなたのことを

知りたいと思っているので

 

 

自分が大切にしていることを

相手に伝えること&相手の

話を聞くことの両方を意識

することが大切です。

 

 

両方できて、初めて、目の前の人と

信頼関係を築くことができます。

 

 

今日も素晴らしい1日になりますように(^-^)

====

【4/23愛と感謝を体感するイベントやります!】

My Anniversary~新たな自分と出会う日~

4/23に品川の結婚式が行われるシャンデリアのある

素敵な会場で開催します!

 

・最近感動していない

・自分の本当に好きなこと/やりたいことがわからない

・今のまま一生終えて後悔しないだろうか?

 

そんな方を対象に、愛と感謝に溢れる空間で

自分を生き、未来を創るメソッドであるまなゆいを

体験していただき、人生の先輩である、ベストセラー

著者(電子書籍)8名の方から、人生が変わった

きっかけについて、お話を聞く機会を設けました。

 

・本当の自分の気持ちに気づきたい

・自信がもて、明日から次の一歩を踏み出したい

・人生の目的や自分の役割が明確にしたい

 

 

そんな方のご参加をお待ちしております!

パートナー割・家族割もありますので、

 

詳しくは以下をご覧ください。

 

イベントの詳細はコチラ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/amazonranking1

=====

【LINE@で毎朝自分らしく幸せに生きるヒントを配信中】

 

お友達登録は@risaizumiで検索

または以下のQRコードから

お願いいたします。
友だち追加

========

【あなたしか伝えられない本を書く7つのステップ♪】

 

97%の参加者がAmazonランキング1位を獲得!!

電子書籍で人生を変えるプログラムの中で

お伝えしていることの一部を

7日間にわたって、動画とメールで無料で

お伝えいたします。

 

「電子書籍で人生を変えるプログラム」第4期の

募集も、こちらの動画付きメール講座にお申込み

いただいた方に優先的にご案内させていただきます。

 

コチラからご登録ください↓

http://ae-ne.com/c/masatoizm/entry/e/1RGJ8HeDC4eRmxKK/













****************************

応援のクリックお願いいたします!


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

和泉梨紗


バナーを作成
Pocket

コメントを書く


コメント内容


▲このページの先頭へ