2017年11月4日
次のステージに行くたったひとつの方法

Pocket

こんにちは(^-^)

和泉梨紗(いずみりさ)です。

change-948020_640

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、もっと成長して、次のステージに行きたいと思ったことはありませんか?

 

そのために、どんな努力をしましたか?

 

実は、次のステージにいくための方法はひとつしかないと言われたら、どう思いますか?

 

 

 

次のステージに行く=今の自分の枠から飛び出るということです。

 

つまり、今あなたが持っている知識や経験の枠の外、未体験のゾーンに行くことになります。

 

そのため、今持っている知識や経験をベースに、どれだけ一生懸命考えても、努力しても、今の枠の中でトップに行くことしかできません。

 

 

 

では、今の枠を飛び出たいと思ったとき、どうすればいいのでしょうか?

 

それは、次のステージにいる人からお声をかけてもらうことです。

 

 

 

具体的には

 

「この仕事やってみない?」

 

「この人に会ってみない?」

 

「この場所に行ってみない?」

 

というお誘いです。

 

 

 

未体験のゾーンを経験して、初めて、新たなステージに立つことができます。

 

しかし、同時に、未体験のゾーンへの誘いは恐怖を伴います。

 

「私にはそんなこと無理」

 

「今は時間がない」

 

「今はお金がない」

 

 

 

そう思ったときは、「どうすれば、それをできるかな?」と自分自身に質問してみてください。

 

質問を投げかけることで

 

「あの人に聞いてみよう」

 

「ダメ元でもいいから相談してみよう」

 

「(お金でも時間でも)今の優先順位を変更できないか考えてみよう」

 

等、解決策が見えてきます。

 

 

 

チャンスの神様には前髪しかないという言葉もありますが、あなたを次のステージに連れて行ってくれるチャンスは一度しかないかもしれません。

 

まれに二度目があったとしても、三度目はないと思った方がいいでしょう。

 

そのチャンスに気づけるかどうかが、人生の分かれ道です。

 

 

3ヶ月自分自身としっかり向き合うことで

必ず次のステージにいける

電子書籍で人生を変えるプログラム

現在5期生を募集中です。

 

 

出版したい方はもちろん、人生の目的を明確にしたい方、今暗闇の中にいるけれども、自分らしく輝きたいと思っている方が、軽やかにその人らしい人生を生きられるようになるプログラムです。

 

 

詳細は以下をご覧ください。

http://izumi-masato.com/lp/ebook5/

 

素敵な午後をお過ごしください(^^)

 

=======
LINE@で、幸せな結婚生活を送る秘訣&いずみん夫婦の日常を配信中!

ご登録は@risaizumiで検索、または以下のQRコードからお願いいたします。

友だち追加

 

=========

【あなたも、愛結(まなゆい)を体験してみませんか?】

★【残席2】11/23プレミアム愛結(アフタヌーンティー付き)
https://peraichi.com/landing_pages/view/premium-manayui

 

★12/2 いずみん夫婦が2人で伝える愛結1Dayセミナー(ベーシックコース)

いずみんが左脳的な観点から、りさが右脳的な観点からお伝えいたします♪
https://www.facebook.com/events/141691943132116/

 

★パートナーシップ愛結、個別セッションモニター募集中

期間限定35000円→5000円です。

http://izumi-risa.com/personal-session

 

 

=======

【第5期 電子書籍で人生を変えるプログラム】
期間限定、テーマ発掘コンサル付き個別相談の募集を始めました。(先着10名様)

 

人生の目的を明確にしたい!
モヤモヤをなくしたい!
のステージに行きたい!
社会貢献したい!
・将来、紙の本を出版したい!

 

第5期限定特典として、『君の名は。』の新海監督の書籍等を担当された超一流編集者さんが、あなたの原稿を初期段階から個別にチェックしてくれます。

 

出版の夢がある方は、今期がチャンスです!詳しくは以下をご覧ください。













****************************

応援のクリックお願いいたします!


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

和泉梨紗


バナーを作成
Pocket

コメントを書く


コメント内容


▲このページの先頭へ