2018年1月12日
自分の感情が反応したとき

Pocket

おはようございます(^-^)

 

あなたの理想の仕事とパートナーシップの未来ビジョンをあなたと共に創るパッションデザイナーの和泉梨紗です。

 

1815e6eb0372e6f734f714fabaf79176_s

 

 

 

 

 

昨日の問題を解決しないの投稿に「え~、これはたとえば答案用紙を白紙で出すってことと同じよー。選択肢なの~~」「私は許せるけど、許してくれる人はいるのかな」というご質問をいただきました。

 

そうそう!答案用紙を白紙で出すってことと同じです(^^)

 

 

 

ひすいこたろうさんのブログに、息子さんが、0点の答案用紙をもってきた話が書いてありました。

 

0点の答案をお父さんであるひすいさんに渡したとき、息子さんが言った一言があります。

 

なんだと思いますか?

 

 

 

正解は「自信あったんだけどなぁ~」 です。

 

全く問題と思っていませんよね(笑)

 

 

 

自分の感情が反応したときというのは、これまでの自分の許容範囲の外側にあるものや言葉に触れたときです。

 

それは、自分の世界を広げて、選択肢を広げて、ラクに楽しく生きられるチャンスでもあります。

 

 

 

以前、とあるセミナーで、夕食を食べてビールを飲んだ後に和室で講演がありました。

 

そうしたら、ビールを飲んだからか、主催者が、講演者の目の前で横になってイビキをかいて寝だしました。

 

 

 

それまでの私の許容範囲にない出来事でびっくりしたと同時に、講演者は主催者を起こすのかな~と思いきや

 

「これまで何度も講演してきましたが、今までで1番やりにくいです(笑)」

 

とみんなの笑いを誘い、そのまま場所も移動せず、寝ている主催者の目の前で何事もなかったかのように講演を始めました。

 

 

 

あまりに自然なので、他の参加者も寝ている主催者を温かい目で見守り、優しい雰囲気のまま講演は終了しました。

 

 

 

私は許せるけど、許してくれる人いるのかな?という状態は、まだあなた自身が許せていないときです。

 

 

 

許せる人は、その人の意見はその人にとっては正しいので、全員違う意見をもっているのが当たり前と思っています。

 

 

 

自分の意見が正しい、相手の考え方が間違っているではなく、自分自身を大切にした答えをみんな出しているよねと考えます。

 

 

 

テストで0点だった=自分はダメだではなく、テストの成績は自分の価値には影響しない、なぜなら、自分は自分ができることをすればいいからという別の視点をもつことができます。

 

 

自分が1番能力を発揮できることに、一人一人がフォーカスできたら最高に幸せな世界になりますね。

 

 

素敵な1日をお過ごしください(^^)

 

=============

★2/4 プレミアム愛結

1月&2月は、お年玉価格で通常の半額でのご案内となります。

2/4 帝国ホテル

https://peraichi.com/landing_pages/view/premium-manayui

 

 

★まなゆい1 Dayセミナー

日時:1月28日(日)10:00-17:00
場所:東京都内某所
参加費:一般  24,800円/再受講  12,400円

 

 

★まなゆい業界初!夫婦共同開催のまなゆいアドバンスコース開催決定!

0期生につき、通常一律36万円(税別)のところ、10万円以上の大幅割引を予定しております。

 

 

 

【LINE@のご登録はコチラ↓】

パッション100%で自分らしく輝く方法を配信中!

LINE@読者様限定の特別価格のご案内も行っております。

登録は@risaizumiで検索、または以下の『友だち追加』ボタンからお願いいたします。

 

友だち追加













****************************

応援のクリックお願いいたします!


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

和泉梨紗


バナーを作成
Pocket

コメントを書く


コメント内容


▲このページの先頭へ