2016年1月5日
夫婦の家計管理 ~お小遣い制~

Pocket

Rs0103

 

 

 

 

 

Photo by Ryujin

 

皆様、こんばんは(^-^)

和泉梨紗です。

 

昨日、「お小遣い制が

日本のお父さんをダメにする」

という記事を読みました。

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160104-00045669-jbpressz-bus_all

 

その中でシナジーブレインの

安田 修さんは

お小遣い制のデメリットについて

以下の2点をあげています。

 

1) 前向きな投資ができなくなる

2) お金を自由にコントロール

できないことで

セルフイメージが縮小してしまう

 

お小遣い制に限ったこと

ではありませんが

夫であれ妻であれ

お金に制限がかかって

しまうことにより

上記ができなくなることは

非常にデメリットだと思います。

 

たとえ妻が財布を

握っていたとしても

生活費のやりくりを

するのに精一杯で

自分の好きなものを一切買えず

それにより

私にはお金をかけなくていいの、と

セルフイメージが

下がってしまっては

家庭の中が

暗くなってしまいます。

 

特に女性は洋服や美容等

外見にある程度

お金をかけることにより

セルフイメージがあがります。

 

女性が笑顔でいることは

夫婦円満に大きな影響を

与えますので

女性のセルフイメージを

高く保つことは非常に重要です。

 

ちなみにこのセルフイメージは

旦那様が毎日かわいいと

言うだけでも上がりますので

お金もかかりませんし

だまされたと思って

ぜひお試しくださいませ。

 

そして、自己投資をしたいと

思ったときに

お金が用意できないと

成長のチャンスを

逃してしまったり

会いたいと思った人に

会うチャンスを

逃してしまうことになります。

 

そう考えると、夫婦で一緒に

成長していくためには

ある程度の経済的豊かさは

必要です。

 

皆様にとって、経済的に

豊かな状態とは

どういう状態でしょうか?

 

やりたいときに

やりたいことを

やれることでしょうか?

 

理想の家に

住めることでしょうか?

 

子供に最高の教育を

受けさせることでしょうか?

 

ぜひ夫婦で話し合ってみてください。

 

理想の状態や

何にお金を使うかの

優先順位について

夫婦で共通の認識を

持つことにより

 

お金をさらに稼いだり

投資して増やしたりする

必要があるのか

今は他に優先すべきことが

あるのかが

明確になってきます。

 

まずは、どういう状態が

お互いにとって

ハッピーな状態なのか

話し合うことをおすすめします。

 

イギリスの経済学者である

リチャード・レイヤード氏は

『HAPPINESS―LESSONS FROM A NEW SCIENCE』

という本の中で

幸福に影響を与える

7大要素として

以下をあげています。

 

  1. 家族関係
  2. 家計の状況
  3. 雇用状況
  4. コミュニティと友人
  5. 健康
  6. 個人の自由
  7. 個人の価値観

 

上記の中でも家族関係が

最も幸福に与える影響が大きく

その次に家計の状況という

順番になっていると書いています。

 

家族関係を良くするためには

まずは夫婦でどういう状態に

なっていたいのか

 

またどういう状態は

避けたいのか

きちんと話し合うことが

必要です。

 

お金以外の仕事や

育児・家事等にも

言えることですが

まずはお金について

いくら位あればいいのか

何にどのように使いたいのか

 

お互いの譲れないところや

理想の生活を

話し合ってみては

いかがでしょうか?

 

お金に関する問題は

一度問題となると

非常にやっかいです。

 

お金のことで

我慢し続けるのではなく

定期的に夫婦で話し合って

それぞれの夫婦にとって

ベストな方法を

見つける必要があります。

 

ちなみに我が家にとって

ベストな状態は

共有管理です。

 

夫が稼いだお金も

私が稼いだお金も

天から降ってきたお金も(?)

すべて二人のお金。

 

そして、心地よい環境に

いることを

最重視しているため

住宅への投資を

最優先にしています。

というか住宅への投資額が

半端ないです(^^;

 

それ以外にも、自己投資と

夫婦旅行に優先的に

お金を使うことで

合意しています。

 

またお世話になった人への

お礼はケチらないことを

徹底しています。

 

これは例えば夫が

会社で後輩にごちそうする

場合も、当てはまります。

 

ぜひ皆様夫婦にとって

ベストな使い道を

話し合ってみてくださいね。

 

どうぞ素晴らしい夜を

お過ごしください(^-^)













****************************

応援のクリックお願いいたします!


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

和泉梨紗


バナーを作成
Pocket

コメントを書く


コメント内容


▲このページの先頭へ